ロゴアジア国際子ども映画祭
Asian International Children's Film Festival

ENGLISH

応援サポーター
Supporter

応援サポーターからのメッセージ

Aya (E-girls) (歌手)

子ども達がどんな映画を作っているのか、本当に楽しみで第9回アジア国際子ども映画祭に参加しました。どの作品も素晴らしく、子ども達の「今」思うこと。伝えたい事。それが驚くほどストレートに届いてきました。私達大人が子ども達の思いをしっかりと繋げていかなければならない。そう思わせてくれました。そしてこの映画祭を通してこれからも子供達の声を聞いていきたいと心から思いました!

伊藤 萌々香
(フェアリーズ) (歌手)

フェアリーズの伊藤萌々香です。今年もアジア国際子ども映画祭を精一杯応援させていただきます。子供達の考えてる事や豊かな発想をもっと沢山の大人に見ていただいて、思いに気づいていただきたいです。また素敵な作品を目の当たりにできる日を楽しみにしています。

三代目J Soul Brothers
(ダンス&ヴォーカルグループ)

子どもたちが感じ抱えている思いを直球で表現し、それが作品に仕上がっていることに、とても驚き、そして心動かされました。エンタテインメントは、国境を越えて人と人とを繋げるのだと再確認しましたし、映画祭という場所を通じ生まれた経験や友情が育まれる姿を目の当たりにし、素晴らしいプロジェクトに参加できたことを光栄に思います。引き続き、未来を担う子どもたちを応援していきたいです。

西内 まりや (歌手・俳優)

私、西内まりやは、アジア国際子ども映画祭を応援しています!今知るべきこと、考えるべきこと、この映画を通して沢山のメッセージを心から受け取り、そのメッセージを私からも沢山の人に心から伝えていけたらと思います。

松本 利夫 (俳優)

未来を担う子どもたちが、今何を思っているのか。言葉ではなかなか伝えることの難しい、夢や希望や心の声を、映像という形を通して感じ、今、僕たち大人が何をすべきかということを改めて考えさせて頂きたいと思います。また、アジア中の子どもたちの作品が見られるということで、とても楽しみにしています!!

山川 豊 (歌手)

アジア国際子ども映画祭に参加させていただいてから、私の中で子どもたちに関する気持ちに、変化を感じるようになりました。そして子どもたちから映像を通じての色々な心のメッセージに、子どものころのような純粋な気持ちを思い出しました。私たち大人たちが考えもつかないような発想や感性で、固定概念や常識を吹き飛ばしてくれるような、楽しませてもらえる作品を期待しています。

Ami (E-girls) (歌手)

第9回アジア国際映画祭に参加させていただき、子ども達の作った作品を見させていただきました!子供達の真っ直ぐな心、世の中の受け止め方を知り、私自身とても驚きました。この映画祭は、子ども達の成長へ繋がるきっかけになると共に、大人も学ぶ事が沢山ある映画祭だと思います。今年もどんな作品が生まれるのかとても楽しみです!

w-inds. (歌手)

この映画祭は、子どもたちが常日頃抱いている自由な発想の深層心理を映像化することで知る事が出来るので、僕たちもとても楽しみにしています。子どもたちの心の叫び、メッセージを僕たち大人が受け止め、これから先の子どもたちの未来に、生かしてほしいと願っています。子どもたちは大人が知らないたくさんの希望の花、可能性の花を持っています。それが満開の花を咲かせるように、この映画祭を通じてずっと見守っていきたいです。

高橋 みなみ (歌手)

一昨年、初めてアジア国際子ども映画祭に参加させて頂きました。皆さんの素敵な作品を見て愛や感謝や幸せを感じることが出来ました。今年もたくさんの新たな発見が生まれことを楽しみにしております!

船越 英一郎 (俳優)

子どもたちは自由で活発で、そしてなにより大人を超越したとてもたくさんの想像力と創造力に満ちています。子どもたちが色々な要素を組み合わせて描き出す純真無垢な映像作品は我々大人の心へ新鮮な感情を持たせてくれることでしょう。同時に、この映画祭に参加した子どもたちの経験はこれから先の未来に向けてとても大きな思い出として残るのではないでしょうか。

的場 浩司 (俳優)

子どもたちが1つの作品を作り上げる、その過程では多くの試練や失敗など色々な経験があったことでしょう。しかし作品が完成した時には、数え切れないほどの達成感などで満ちていることと思います。この経験が子どもたちのさらなる成長の糧として、心に残ってゆくことになるでしょう。この映画祭にこれからの子どもたちの未来、成長を私は期待しています。

山田 純大 (俳優)

子どもたちの心の中を映し出し、知るという事は私たちが子どもの成長を見守る上でとても大切な事であると思います。そしてそれを観た私たち大人も、共に成長できるのではないでしょうか。映画祭の成功を祈り、子どもたちの真っすぐで純粋な作品を期待しております。

石田 純一 (俳優)

アジア国際子ども映画祭は日本の子どもだけでなく、アジアの子ども達の心を知ることができる素敵な映画祭だと思います。この映画祭を通じて、子ども達が何を想い、何を伝えようとしてくれているのかをしっかりと受け止め、より子ども達のことを理解していきたいです。

伍代 夏子 (歌手)

今年も昨年に続き、北の大地、北海道北見市で「アジア国際子ども映画祭」が開催されます。文化は違えども、共通の悩みで心を痛めている子供達。あるいは、その国特有の様々な問題。それらと真っすぐに向き合い、子供達なりに解決していこうとする姿にいつも感心させられます。今年はどんな作品と出逢えるのか・・・楽しみにしています。

テリー伊藤 (演出家)

子どもたちはとても純粋で卓越した感性を持っている。その子どもたちが常識に凝り固まった大人たちに、投げかけてくる思いがけない発想を受け止めてあげる事が我々大人たちの役目であると私は思う。この映画祭を通じて、大人と子どもが距離を縮めるきっかけになることを私は期待し、楽しみにしています。

MAX (歌手)

『アジア国際子ども映画祭』を毎年MAXで応援出来ることを嬉しく思います。子どもの素直な心を表現した作品に触れ、私たちも毎回新しい発見、感情を与えてもらえることを楽しみにしております。この映画祭に参加したことが、子どもたちの今後の自信になり、彼ら、彼女たちの成長につながることを願っております。

安田 美沙子 (俳優・タレント)

アジア国際子ども映画祭では子供達の感じる感覚や、感情、忘れていたものにハッとさせられます。子ども達の表現する映像が、心の深いところに響きますように。

山本 陽子 (俳優)

映画祭に参加させていただいて、子どもたちの作品から伝わってくる色々な想いにとても大きな感動がありました。私たちが想像もつかない、考えもつかないようなことを子どもは考えています。私たち大人も子どもたちが作る素晴らしい作品から、新しいことを発見出来て視野を広げる良い機会となりました。日本とアジア各国地域の色々な作品に出会える事をとても期待し楽しみにしております。

avex groupからのメッセージ

松浦 勝人(エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社 代表取締役社長 CEO)

僕は小さい頃から音楽が大好きでした。はじめて買ったレコードや、初めて観に行ったライヴというのは今でもしっかり覚えています。そして、音楽の世界で働きたいというきっかけになった楽曲というのは今でも鮮明に覚えています。しかし、僕は最初から音楽の会社を始めようなんて思っていませんでした。ただその好きだった音楽をずっと聴ければいいとしか思っていなかったのに、それがいつしか仕事になり、目の前の階段をひとつひとつ上り続けていったら、今日に至りました。とにかく夢中になれるものを探し、誰にも負けないという気持ちさえあれば、きっと素晴らしい作品ができるはずです。それは、音楽も映画も変わりません。自分の可能性を信じチャンスを生かしてください。この北見市の大会から未来の巨匠が生まれることを楽しみにしています。

小室 哲哉 (ミュージシャン・音楽プロデューサー)

一昨年より審査員として参加させてもらっていますが、映像を通してアジア各国それぞれのHappinessを感じとることが出来ました。今後もアジアの子どもたちの交流の場を陰ながら応援しつつ、未来のスターが出てくるのを楽しみにしています。

清水 宏保 (冬季オリンピック金メダリスト)

子どもたちが今、何を考え心に持っているものが何かを知ることは、とても大切であると考えています。そのことが自分自身刺激を受けることも少なくありません。世界中の子どもたちの夢、未来そして笑顔の為に清水宏保はアジア国際子ども映画祭を心から応援しています。

倖田 來未 (歌手)

世界の子どもたちの未来の為に倖田來未はアジア国際子ども映画祭を応援します。