ロゴ アジア国際子ども映画祭
Asian International Children's Film Festival

ENGLISH

大会内容
info

開催概要

名称 アジア国際子ども映画祭2017
テーマ 「学校の先生」
(本年は「学校の先生」ですが、毎年テーマが変わります。)
主催 アジア国際子ども映画祭実行委員会
主管 アジア国際子ども映画祭北見大会実行委員会
開催日時 平成29年度11月25日(土)
北見市大会(本選大会) 13:00 ~ 17:00
会場 北見市民会館
協賛 avex / 株式会社ピグマリオン / 株式会社TAKARA /
TEICHIKU ENTERTAINMENT /
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
協力 株式会社 杉友 / RISINGPRODUCTION /
ボイスミュージック
共催 外務省 / 江別市 / 江別市教育委員会 / 大野市 /
大野市教育委員会 / 南あわじ市 /南あわじ市教育委員会 / 美祢市教育委員会 / 指宿市 / 指宿市教育委員会 /
南城市教育委員会 / 北見市 / 北見市教育委員会
後援 法務省 / 経済産業省 / 北海道 / 北海道教育委員会 /
美祢市 / 大月市 /大月市教育委員会 /
ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 /
北海道青少年育成協会 / NHK北見放送局 /
北海道放送株式会社 / STV札幌テレビ放送 /
北海道テレビ放送株式会社 / 北海道文化放送 /
株式会社テレビ北海道 / 朝日新聞北海道支社 /
日本経済新聞社札幌支社 / 報知新聞社北海道支局 /
北海道新聞社 / 北海道日刊スポーツ新聞社 /
毎日新聞北海道支社 / 読売新聞北海道支社 /
産経新聞社札幌支局 / AIR-G'エフエム北海道 /
旭川市教育委員会 / 釧路市教育委員会 /
根室市教育委員会 / 帯広市教育委員会 / 網走市教育委員会

募集内容

作品テーマ 「学校の先生」 君たちの中にある伝えたい想いを3分間の映像にしませんか?
応募締切 2017年8月31日[木]
応募規定
  • ホームビデオで撮影した3分以内の作品であり未公開作品とする。
  • 1作者(1グループ)につき一点の応募とする。
  • 画面設定 16:9
  • 作品のフォーマットはデータファイルとし、DVDに収録して提出。
応募資格 小学生・中学生・高校生およびそれらの年齢に相当する個人またはグループ。
応募方法
  • 応募作品と一緒に応募用紙を提出してください。
  • 応募料は無料ですが、送料は自己負担となります。
  • 応募作品の返却は致しませんので、ご了承ください。
  • 郵送中のDVDの破損に注意し、厳重な梱包をしてください。
  • 応募用紙に記載された住所、連絡先が変更になった場合は、事務局へその旨連絡してください。
  • 著作権処理が必要な場合は、必ずその処理を行うこと。
  • 作品中第三者に著作権のある音楽・写真・絵画・映像・原作などは使用不可。
    オリジナルか著作権フリーのものを使用すること。
    その他、第三者の権利を侵害することがないようにすること。
    万が一第三者から苦情があった場合は、応募者が責任と費用を持って解決すること。
応募作品の
取り扱い
応募作品を日本国内・国外で利用する権利及びその二次的利用は主催者に帰属するものとする。
授賞
  • 国際授賞式: 
  • 杉良太郎特別賞・・・・・・・1名
  • 文部科学大臣賞・・・・・・・1名
  • 法務大臣賞・・・・・・・・・1名
  • 外務大臣賞・・・・・・・・・1名
  • 経済産業大臣賞・・・・・・・1名
  • 優秀賞
  • 入賞 他
  • 各ブロック大会で選ばれた上位3作品は本選大会にノミネート(国際授賞式へ招待)されます。
審査 アジア国際子ども映画祭北見大会実行委員会が行います。
審査基準
  • 作品の「訴える力」を評価します。
    映画作品として優秀であるとかおもしろさがあるかを評価するのではなく、技術的に未熟であっても、社会に影響を与える純粋で素直な心を映し出したものを評価します。
  • 小学生と中学生は主に表現力と何を題材にしたかが優れた作品。
  • 高校生は上記に加え、技術力や、演出力、カメラワークなどの優れた作品。
  • カメラマン、監督、演出が子供であることが審査対象基準。
  • 大人が簡単なアドバイスをすることも審査時においてマイナスとされる。
  • テロップを多用しない。
審査員 杉 良太郎(名誉会長)
藤 嘉行(演出家)
伊藤 恭(ピグマリオン学育研究所所長)
寺脇 研(京都造形芸術大学教授)他